オステオパシー


 オステオパシーはアメリカで発祥した医療体系です。140年以上の歴史のあるスタンダードな医学であり、日々発展をしております。アメリカ、カナダ、ヨーロッパ諸国、オーストラリアなどでは国民に広く認知され多くの方がオステオパシーの治療を受けられております。最近では、錦織選手や羽生選手がオステオパシーの治療を受けておられます。

 

 日本では、まだまだ知られていないので聞きなれない言葉だと思います。当院に来られる患者さんからも「オステオパシーってなんですか?」とよく聞かれるくらいです。

 

 オステオパシーは1つの医療体系であり、身体全体を1つのユニットとして診るのが特徴といえます。

 簡単に言えば、肩や膝が痛い時には病院や接骨院ではその場所を詳細に検査し治療をしますが、オステオパシーでは肩や膝を含めた全身を診ていきます。施術するのに必要な場所を見つけ、施術します。ですので、施術するのに必要な場所はその場所から遠く離れた場所かもしれません。

  本当に施術が必要な所を見つけ正しく施術が出来たのなら症状が劇的に変わることが多々あります。

 

 なぜこのように全身を診ていく必要があるのかと言うと、身体には筋膜を含む「膜」といわれる結合組織があるためです。「膜」は、筋肉では筋膜、骨では骨膜、内臓では胸膜や腹膜、心膜などと言われ名前が変わるだけで全てが繋がっているためです。この「膜」には血管やリンパなども通っております。

 

 この「膜」は、スムーズにお互いが滑ることで円滑な動きが行われます。「膜」に制限があればこの滑りが悪くなり、そこを通る血管や神経の働きを邪魔をします。全身が繋がっているため遠い場所にまで影響を出します。影響が出た場所が本来持っている機能が働きにくくなり、症状を出します。症状と関係無いと思われる場所を施術して症状が変わるのはこのためです。

 

 このように全身を診ていき、施術する場所を見つけ、施術し正常な働きを取り戻します。あとは本来ある母なる力、自然治癒力が働き身体を健康へと導きます。

 

 

   

 


オステオパシーの歴史


 オステオパシーは、アメリカの医師であるA.T.Still M.Dによって1874年に啓示されました。この方がオステオパシーの創始者です。Still先生は、患者さんを診る時に体の骨組みから診てい事から、ギリシャ語で「骨」の「オステオ」と「病」の「パソス」からオステオパシーと名付けられました。

 

 西洋医学の医師でありながら、なぜオステオパシーを始められるようになったのでしょうか?

 

 A.T.still先生が医師になったあと、 流行り病で実の子を3人も亡くされました。医師でありながら実の子を救えなかったという悲惨で辛い経験をされました。この辛い経験から、 同じ病名でも助かる人と助からない人がいる、裕福だから助かるとは限らない、十分な医療や栄養を受けても同じことが言えると 、今まで学んできた医学に疑問を持つようになりました。

 

    「そこには何かを見落としているのではないか」と。

 

 また、Still先生は幼少期の頃に激しい頭痛をお持ちでした。 ブランコで遊ぼうとしたら頭痛に襲われ何とかしようとして頭頚部をブランコに引っ掻けました。そうすると、不思議と楽になり気持ちよくなって、そのまま寝てしまいました。起きた頃には頭痛はなくなっていたそうです。それからは、頭痛の度にそれを行われていました。

  牧師である父の仕事柄、インディアンとの交流があり山で狩りをするのが好きな子どもでした。狩りをした動物の解剖をするのが好きだったようです。

 ご自身の頭痛のブランコを使った治療や解剖に触れた幼少期を過ごしていたようです。

 

 これらの経験から、解剖学的な異常から、生理学的な不調がおき、病気になるのではないかと仮説を立てられます。そこで患者さんを診ていくと関節の機能障害や高さの違いなどをみつけていきました。それらを矯正するために関節などのテクニックなどをご自身で生み出されていきました。

 また、Still先生は解剖学の知識にも大変長けていました。解剖学の教授と同等の知識を持っておられ、インディアンのお墓を掘り返し解剖学の観察もされていました。

 

これらの結果からStill先生は2つの発見されます。

1.身体に無駄なものは無い

2.身体は合理的に出来ている

 

 そうして、オステオパシーを発見されました。

 

 この発見から患者さんを治療をしていくと大変よくなっていく人が増えていきました。しかし、その反面、薬を出さなくなりました。本当に必要な人にしか出さなくなっていきました。

 

 そのような治療をしていくと、同僚の医師や患者さんなどからひどい迫害を受けるようにました。患者さんが来なくなり、教鞭をとっていた学校や教会からも追放され、家族ともに引っ越しを余儀なくされました。

 そこから、全米に患者さんを診る旅に出られます。

 

 その後、当時荒野だったミズリー州カークスビルに開業されます。全米への旅で得た患者さんたちの信用から、何もなかった荒野に患者さんが集まってきます。しかも全米中からです。患者さんが多く集まるようになったことから、鉄道や駅が出来て、ホテルやレストランも出来ていき、何もなかった荒野に小さなコミュニティーが出来ていきました。

 

 一人では診きれないくらい患者さんが多く集まるようになり、弟子をとるようになります。 1892年 A.S.O(アメリカン・スクール・オブ・オステオパシー)を設立されました。最初は民間人にも教えていましたが、解剖学を知らないとオステオパシーは出来ない為、途中から医師にしか教えなくなりました。 

 

    A.S.Oはその後、単科大学のKCOM(カークスビル・カレッジ・オブ・オステオパシー・メディスン)となり、現在では、総合大学A.T.Still.Univ/KCOMになっています。オステオパシー大学の世界一難関であり、世界一有名であり、聖地と呼ばれています。ここには当時のStill先生の建物が残っており、Still先生の治療を受けるために患者さんが通っていた道が「オステオパシーロード」と名前が付き今も残っています。

 

 1973年にアメリカでは、オステオパシードクターにM.D(西洋医学の医師)と同等の地位を与えられ、外科手術も投薬も検査も行えるようになっています。(アメリカのみ認められています。ヨーロッパや日本では認められておりません。)